新着情報

キャンパス紹介

Point1 : 普通の通信制と比べて、3分の1程度の学費!

普通の通信制高校の場合

全日制高校よりも費用がかさみ、年間100万円近くかかるところも少なくありません。キャンパス毎に多くの教室を抱える運営では、設備費も人件費も膨大なものになるからでしょう。

鹿島学園高等学校 東大阪・葛城キャンパスの場合

普段の学習指導は少人数の個別指導を行い、数日間のスクーリング(面接授業)は都内の鹿島学園のキャンパスと合同で行いますので、『時間や費用が大変効率的』に運営できています。
だから東大阪・葛城キャンパスは年間費用が30万円台!という、とても家計にやさしい学費負担となっているのです。

Point2 : 他校と比べて、個別指導の充実が魅力!

普通の通信制高校の場合

多くの通信制高校ではクラスに大勢の生徒がいて、先生が黒板に説明を書いていくという昔ながらの一斉指導の体制がとられています。これは生徒の学力が一定 の場合には学校にとって管理しやすい便利な方法です。しかし様々な学力や進度の異なる生徒がいる場合には問題が生じます。

鹿島学園高等学校 東大阪・葛城キャンパスの場合

少人数の個別指導のシステムを採用しています。
自分のペースで生徒それぞれが学習を進めて、分からないところだけを教室で目の前にいてくれる先生に質問すれば良いので、快適な学園ライフを過ごせます。

Point3 : 『鹿島学園高等学校の全日制』と全く同じ卒業資格です!

メリット1

全日制と同じ卒業証書なので、
就職・進学に有利です。

メリット2

学費は相場の半額
(週5日制)

メリット3

各種学割が
適用されます。

普通の通信制高校の場合

通信制高校と名乗っていても「○○学院」あるいは「○○高等学院」という名称のところは学校ではありませんので、別途費用を払って提携している「○○高等学校」にも入学手続きをしなければなりません。そして通信専門の高等学校には学校名が平仮名やカタカナの名前のところも少なくありません。

鹿島学園高等学校 東大阪・葛城キャンパスの場合

卒業すると全日制の鹿島学園高等学校と、全く同じ卒業証書がもらえます。履歴書にも「鹿島学園高等学校 普通科課程卒業」と記載する事ができます。学歴はこれからの進学・就職・結婚という人生の節目毎に記すものです。
歴史・知名度・実績のそろった鹿島学園高等学校の卒業生として、誇りをもち大きく胸を張って生きていけるのは、今後一生の心の支えとなることでしょう。

カリキュラム・学費

学費
入学金 50,000円
施設費 24,000円(1年分)
授業料 (25単位履修する場合)
7,000円×25単位=175,000円 *就学支援金加算前

通学コース

サポート費 年間24万円(+税)

自宅コース

サポート費 月額1万円(+税)

卒業までの流れ

入学随時受付中

入学選考/書類選考
(必要に応じて面談をする場合もあります。)

入学後

入学決定後は履修する科目や学習の進め方などを面談で決めていきます。

  • 学費、サポート費などの案内が届いたら期日まで必ず納付してください。
  • 教科書、レポートなどが自宅に届きます。いよいよスタートです。
  • スクーリングの案内もメールやレターが届きます。

学習

単位認定試験の合格

卒業・進学・就職

  • 単位習得(年間25単位前後)
  • 高卒資格取得(在籍期間により9月卒業、3月卒業のどちらかになります)
  • 高卒資格が全日制と同じなので、就職や進学に断然有利です。

    • 進学(大学・短大・専門学校・留学など)
    • 就職(企業・公務員・美容師・声優・スポーツ選手など)

お問い合わせ

悩みを抱える子どもたちに学びの場を

小・中学校の不登校生は12万人。高校中退者は7万人。長期間にわたって自宅や自室に閉じこもる「ひきこもり」や、 働かず学校教育も受けない「ニート」と呼ばれる若者たちが社会的な問題となる一方、LD(学習障害)ADHD(注意欠陥多動性障害)によって学校での授業につまずく子どもたちの問題も指摘されています。このことは、中学校から全日制高校、そして大学へという一般的な学校教育の流れに乗ることができずに、さまざまな悩みや葛藤を抱える多くの子どもたちがいることを端的に物語っています。そして、こうした現状の中で、不登校、ひきこもり、いじめなどの問題を抱える子どもたちの学びの場として、通信制高校が注目されるようになってきました。

不登校はどの子どもにも起こりうること

「いじめ」に象徴される学校での友達関係、親子の関係・・・不登校の要因はさまざまですが、特定の子どもに起こる特有のことではなく、どの子どもにも起こりうる問題として捉える見方が一般的になっています。学校へ行きたくない(行けない)という子どもにストレスをかけないように、そっとしておいた方がよいのか。それとも、気持ちが前向きな方向に変わるように、積極的に働きかけた方がよいのか。お子様への対応に苦慮されている保護者の皆様、カシマの通信(通信制高校)にぜひご相談ください。

負担をかけない学習システム

カシマの通信は、お子様に負担をかけることなく、高卒資格を取得できる学習システムを用意している通信制高校です。先生から指導を受けるスクーリングは月2回程度(または、夏期・冬期・春期の集中スクーリングで指導を受けることもできます)、「毎日通学しなければいけない」という心理的なストレスを感じることもありません。パソコン、タブレット、スマートフォンで学ぶネット指導制なら、スクーリングの8割を修了することも可能です。

体験学習や気持ちの通じあえる仲間とのふれあい

カシマの通信は、子どもたちに感動や達成感を実感してもらうための体験学習(ダンス・乗馬・陶芸・自然塩づくりなど)に力を注いでいます。未知の世界を体験したり、スクーリングで同年代の新しい仲間や先生とふれあうことで、少しずつ本来の明るさや自信を取り戻してくれたらと考えております。同じような悩みで苦しんできた仲間にだったら、自分の気持ちを素直に話せるのではないでしょうか。

次のステップへと歩み出すために

子どもたちひとりひとりが、それぞれの輝きを持っています。カシマの通信で、何かをつかんでほしい。 少しでも前向きな気持ちになって、自分自身の中にある輝きに気づいてほしい。私どもは、保護者の皆様とともに、お子様が次のステップへと歩み出せるように全力でサポートいたします。お子様の不登校、ひきこもり、いじめなどでお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

アクセス

住所〒577-0054 大阪府東大阪市高井田元町1-12-2 新星ビル永和301
アクセス近鉄河内永和駅・JR河内永和駅から徒歩5分

個別相談会受付中

個別相談会を随時受付ております。
お問い合わせ、お申込みはこちら

東大阪キャンパス

☎050-3630-0824

葛城キャンパス

☎0745-27-6352